発達障害の症状や治療の基礎知識│知る知る学ぶ

ADHDの症状

こめかみのあたりを押さえる

子供と大人両方

発達障害の一つでもある注意欠如・多動性障害(ADHD)は子供と大人両方に発症する病気で、症状は多動性、衝動性、不注意の3つに分かれていきます。ただ、これらの症状に当てはまってしまったからといって、必ずしも全ての人がADHDを発症しているというわけではありません。ですが、当てはまると感じたら注意が必要になります。

子供の場合

子供に見られる多動性症状は、お喋りをし過ぎても自分で抑えることが出来ない、行事に静かに参加することが出来ないなどの特徴があります。また衝動性の場合、キチンと順番を守ることが出来なかったり、相手がまだ質問を終えていないのに唐突に答えを出してしまったりなどの特徴があります。また、他の人を邪魔してしまうという場合もあります。さらに不注意と呼ばれるものは、他の人の話を聞いていない感じに見られたり、物事に集中するあまり切り替えが出来なくなったり、不注意によって勉強を間違えるなどの特徴があります。また、同じ内容を何度もやり続けることも苦手としています。

大人の場合

子供だけでなく、大人にも見られるのが発達障害ですが、大人の場合は多動性と呼ばれるものの場合、子供と同様落ち着くことが出来ず、貧乏ゆすりをしてしまったり、特に意味のない行動をしてしまうなどの特徴があります。さらに衝動性として考えたことをすぐ口に出してしまう、後先考えずに物を衝動買いするなどの特徴があります。他にも不注意と呼ばれるものとして相手との約束を破ってしまう、仕事中ちょっとしたミスをしてしまうなどの特徴があります。また、時間を管理することが出来ない、キチンと片付けをするのが難しい、順番通りに仕事をするのが苦手などもあります。3つの症状を比べてみると、不注意の方が症状例が多く、特に大人の場合、子供と比べて多動性が弱まってくる反面、不注意が多くなってしまうようです。

発達障害の専門医に

もし多動性や衝動性などの中で自分に当てはまるものがあって、ご自身にADHDを発症しているかどうか疑いを持っている場合は、発達障害の治療を専門とした医師にご相談されることをオススメいたします。また、ADHDだけでなく他の病気の合併がある場合、ADHDの発症を見分けることが難しくなり、治療効果の妨げになってしまう可能性があります。これを防ぐ為に合併症についてもしっかりと診断してもらうようにしましょう。ADHDを治すことが出来れば、発達障害そのものを治すことが出来ます。その為には、まずご自分がしっかりと治療に専念することが大切になっていきます。

世界的な病気です

ちなみにADHDは世界各国で発症しています。とあるデータを見ると、米国では対象者4,323人のうちADHDを発症する確率は6.8%になり、ドイツでは対象者1,077人のうち17.8%の人がADHDを発症しているのです。また、日本の場合対象者1,022人のうち7.7%の人が発症しています。ADHDの発症は環境面で大きな違いが出ますし、人によって個人差もあるので、世界各国で比較してみると日本だけが多くADHDを発症しているわけではないということが分かります。