発達障害の症状や治療の基礎知識│知る知る学ぶ

学習障害の支援

並ぶ子供

早く症状に気付く

複数の症状が見られる発達障害の中でも学習障害は、本格的な学習が始まる小学4年生頃にならないとその症状に周囲が気づくことがあまりないため、早期発見が難しいとされています。しかし、そのサインを早めにキャッチすることができなければ、学習能力が発達してないことに対して本人の怠慢や努力不足であると誤解されてしまい、それが自信や学習意欲の喪失につながって最終的にはいじめや不登校などの問題に発展してしまう場合があります。学習障害のお子さんが、障害の見られないほかのお子さんと同程度の快適な学習環境を手に入れるためには、周囲がより早くその症状に気付くことが何よりも重要なことなのです。

具体的なサイン

発達障害のひとつとして知られる学習障害のいちばんの特徴は、コミュニケーションなど全般的な知的発達には何の問題もないのに、学習の際の読み書きや計算、聞く、話すといった領域の中で特定の分野に関して理解や習得する能力が著しく低下している、または困難であるということが挙げられます。その症状は子供によっても違っていますが、少し違和感があれば気にしてみておく必要があります。症状の中に読字や書字障害というものがあり、目で追っている文字が音と一致しない、繰り返して読む、飛ばし読み、また内容を誤って理解してしまったり、文字の書き写しが困難だったり、また句読点を正しく打つことができなくなることがあります。他にも算数障害とって、簡単な暗算や繰り上がり、繰り下がりについて正しく理解できない、単位や図形の認識が難しい、文章問題について把握ができないなどの状況が出てきます。これらは学習障害の症状の中でも代表的なものですが、このほかにも言語能力であったり運動であったりとさまざまな領域での困難が症状として見られます。発達障害のほかの症状と複雑に絡み合って発症し、多岐に渡っているためご自身での正しい判断は非常に難しいものですので、少しでも気になるサインが見受けられるようでしたら、専門医を受診されることをおすすめいたします。

学校と家庭で

学習障害を抱えるお子さんの支援としてなにより大切なのは、学校の教師と親御さんが障害について協力して理解を深め学習能力の発達のスピードが遅くても決して怒ったりせず、学校と家庭の両場面で継続的に、また根気よくサポートをしていくということ。そのためには学習面におけるお子さんの情報を共有することも重要なポイントであるといえます。障害の程度に合わせた学習法を実施し、それぞれの目標を少しずつクリアしていくことが自信となり学習意欲をアップさせることにつながり、本人の負担軽減にもなるのです。

それぞれに合った工夫

学習障害は発達障害のひとつであるため、環境や育て方によるものではなく脳機能に何らかの問題ことが原因だと考えられていますが、詳細には解明されていないので、医学的な見地からの決定的な治療法はまだ確立されていません。しかし、専門医の指導も受けながら、周囲が適切な支援を行なっていくことで改善に導かれるケースも見られます。学習の際に本人がストレスを感じることがないよう、文字を読むときにはまずは短い文章を指でなぞりながら一緒に読んであげる、大きなマス目のノートを利用してなぞり書きから始めるというようにそれぞれの症状に合わせて、寄り添いながらハードルを越える工夫をしてあげるようにしましょう。